NEWS お知らせ

■年度から探す

■カテゴリから探す

【社員インタビュー】楽天トラベルでITコンサルタントをしていた私が『なぜ』モダンデコを選んだか2018.07.03|社員インタビュー

専門学校卒業後アメリカの大学へ進学。帰国後貿易会社・証券会社を経て楽天トラベルへ。

インターネットトラベルコンサルタント(ITコンサルタント)をしていた小原友美。
彼女が次のキャリアとして選んだのが「モダンデコ株式会社」

プラットフォーマーだった彼女がなぜEC事業企業を選んだのか。そのワケを深堀してみた。

-商品の「デザイン」性が1番の決定打!?

モダンデコ株式会社を選んだ決め手はと言うと

『Armoniaのページを見てピンときました。
前から楽天市場で見たことがあり気になっていたショップが広島本社だったなんて!
と嬉しくなってすぐに応募。
おしゃれなインテリアの会社で働けば自分のセンスも磨かれると思ったことも大きいです』

と語る。

さらに

『楽天トラベルはプラットフォーマーとしてコンサルティングが仕事だったが、
よりエンドユーザと近いところで仕事がしたかったからEC事業会社を選んだ
その方がより社会に対して責任を持つことになる

そして、より自分が「成長」ができる、そう感じてます。』

-グローバルに活躍できる環境も!?

『私の他の人と比べて少しだけ秀でてるところがあるとすると、
コミュニケーション力かな、と思ってます。

人見知りってあまりしないんですよね。

誰とでもフランクに会話ができます。時々、言葉が空気のように軽いと言われるときもありますが
誰とでもすぐに関係性を築けるところが自分の強みだと思ってます。
それを活かしたいと思って海外に留学して英語を身につけてきました。』

モダンデコ株式会社は主に中華圏だが、海外事業でも全体の売上の10%以上をつくっている

これが今後拡大していく時、自分の「英語力」×「コミュニケーション力」を
活かせるところがあると感じているという。

-『モダンデコ』でどんな仕事がしたい??

『プラットフォーマーからECの事業会社にうつり、
やはり意識するのはエンドユーザへの責任です。

今、1番心掛けているのは

「商品」と「サービス」共にモダンデコで買ってよかったと
思ってもらえるお客様を増やすこと。

商品のクオリティはもちろん、配送スピード・ユーザー対応のすべてにおいて
満足してもらえる体制を作っていきたいです。

あと、個人的な野心の部分では、他のショップでは売っていない
可愛くておしゃれな商品を増やしたい
バイヤー的な仕事もやってみたいと思っています。』

"やりがい"はエンドユーザの満足された声と自身の成長

『成長性があり色々なことにチャレンジできる環境がある』

そんな彼女は2018年自身がやりたいと話していた「商品部」へ異動。

マーケットの売れ筋商品を分析し、モダンデコにそれを落とし込む仕事をしている。

そしてさらに、6月からホームシェアリング部の立ち上げメンバーとして、
楽天トラベルでの経歴を生かした職務についている。

「オシャレな部屋をどんどん増やしていきたい」

そう話す小原の第3章は始まったばかりだ。